前へ
次へ

転職は、あくまで慎重すぎるくらいが良いです

最近、テレビでも、転職サイトのコマーシャルをよく見ます。
いろいろな事情から、職業を変える必要が迫られることが多いです。
実家に親の介護など、帰って生活しなければならなかったとか、私たち世代なら、あるあるですね。
でも、それ以上に、職場の環境が、いろいろと変化しています。
一昔前の仕事あり方と、今の仕事のあり方に、変化しすぎて付いていけないことも多いです。
営業職を長くやっていて、いきなり、他の総務などの他の部署に異動になっても、戸惑う事が多いです。
自分に合えば、いいですが、一日中パソコンに向かって作業するのが苦手な方や、逆にデスクワークから、営業に転属替えになったりと、社会での統廃合で、いろいろな職種を任されることも多くなっています。
そのような時に、思い浮かぶのが、自分の得意な業種への転職です。
容易に結論を出すのもいいですが、次はないと言うくらいの気持ちで、慎重な上にも慎重な決断が必要です。
その上で、その場に留まるのか、職場を変えるのかの選択が必要になります。

Page Top